一括移行方式

移行方式の種類

システム移行の主な方式には「一括移行方式」「段階移行方式」「平行運用方式」の3種類があります。
これらの方式にはそれぞれに、コストや運用の手間、時間、回復の容易さ、リスクなどでメリットとデメリットがありますので、これらの違いとシステムの規模や複雑性、重要度などを勘案しながら選択し、適切な方式でシステム移行を行なうことが重要です。

一括移行方式

一括移行方式は、現行システムから新しいシステムへ移行する際、現行システムを一旦停止させておき新システムへ一斉に移行する方式のことをいいます。
現行システムを停止させている間に移行するため、現行システムと新システムとの間でデータ連携などを取る必要がなく、かかる時間や負荷も少なくて済むというメリットがあります。また移行のコストを最小化したいときにも向いている方式であると考えられています。

その他のメリットとしては、現行システムは停止させるだけでそのまま温存されますので、万一新システムでトラブルが生じた場合にも、すぐに現行システムに切り替えて業務を再開することができます。
ただし、かかる時間が少ないとはいえ数日程度のまとまった時間のシステム停止をする必要があり、時間内に確実に作業を完了させる必要があるため、データ移行やシステム切り替自体が難しいといったデメリットもあります。
一括移行方式は全機能が一斉に切り替わるため、移行に失敗した際のトラブルの影響範囲が大きくなってしまうのです。

一括移行方式に適合する要件の例としては

  • 長時間のシステム停止が可能である場合。
  • 依存関係や相関関係が複雑で段階以降時の影響範囲を計りきれない場合。

が当てはまります。

3種類の方式の中で比較してみると、移行にかかるコストは3種類の中で最も低く、移行中の運用の手間や時間も3種類の中で最も少ない方式です。
移行失敗に伴う回復の容易さは最も易しく、移行時のリスクは最も大きくなります。

マイグレーション作業の依頼を行なう場合には、こういった移行方式の種類に柔軟に対応し、効率的で正確な移行を実現できるサービスを選択することも、マイグレーションの実現には欠かせない要素となります。