iphoneを水没したときには修理が必要

iPhoneを修理に出す時には液晶画面が破損したり、水没してしまったりすることが多いのではないでしょうか。

iPhoneの修理で一番大変なのが水没しっときになり、機械が一番苦手としているのが水などの水分になります。
水分はほんの微量の水滴だったとしても故障の原因にもなってしまい、水が入ってしまうことでデータができてしまう可能性もあります。

iPhoneが水没したときに正しい対処方法をしたとして、元に戻らない可能性がありますが、復旧する可能性はゼロではないようです。

もし、iPhoneを水没してしまった時に自分でもできる、正しい対処方法・応急処置方法を知っておくといいかもしれません。

水没をしたときには電源を切るようにしましょう。
水没したときに基盤に水分がついている状態で電源が入っていると、電気が流れてショートの原因にもなってしまうので、電気を流さないように電源を切るようにしましょう。

もし、電源がどうしても切ることができないという場合には、ホームボタンも同時に長押しをして強制終了をすることができます。

次にSIMカードを抜き取りましょう。
SIMカードには大切な情報が入っているので、電源を切った後に抜き取るようにしましょう。

SIMカードを取り出したらティッシュなどで水分をる来とり、乾燥させるようにしましょう。

SIMカードを取り出したら本体についている水分をふき取ります。
イヤホンジャックなどの細い部分の水分をとる時には、ティッシュの先を丸めて突っ込むか、綿棒を使ってふき取るようにしましょう。
細い部分には水滴が残りやすい部分でもあるので丁寧にふくようにしましょう。

もし、カバーなどを付けている場合には外して、水気のないところで乾燥させるようにしましょう。

ジップロックなどのパックに乾燥剤・米を入れておくことで、水分を吸収してくれるので乾燥しやすくもなります。

応急処置をした後は本体をもって修理をしてもらうようにしましょう。

そして、水没をしたときに絶対にやっていはいけないことは、本体を振ったり、ドライヤー・ヒーターで乾かしたり、充電・放置をするということはやめましょう。

本体を振ってしまうことで内部に入っている水分が動いて、全体に染み渡らせてしまうので絶対にやめましょう。

機械は熱に弱いので、ドライヤー・ヒーターで乾かしてしまうと、修理どころではなく、本体を交換しなくてはいけなくなるので絶対にやめるようにしましょう。

水没したときに水分は基盤まで濡れてしまっているかどうかというのは、本体を開けてみないとわからないので、内部が濡れているということを知らずに、充電をしてしまうとショートする原因にもなるので、充電はしないようにしましょう。

そして、濡れてしまった状態で放置をしていると復旧できるものもできないということにもなるので、放置をせずに応急処置をするようにしましょう。

こういった行為は対処方法のなり、復旧率が下がってしまうので気を付けるようにしましょう。