美しい熱帯魚を探す旅へ

東日本大震災の際の停電で、飼育していた熱帯魚がすべて死んでしまいました。
あれからあまり積極的に熱帯魚を飼育する気分にはなれなかったのですが、
最近になり少しずつ飼いたい気持ちが出てくるようになりました。
久しぶりの熱帯魚にウキウキしながら、近くのホームセンターの熱帯魚コーナーへ行きました。

ところが、ホームセンターの熱帯魚コーナーには、グッピーやネオンテトラなどよく言えば一般受けする、
悪く言えばありきたりな熱帯魚しかいませんでした。
ある程度わかってはいましたが、残念な気持ちでいっぱいになってしまいました。

せっかく飼うならきれいな熱帯魚がほしいと思い、自宅からおよそ車で2時間かかる熱帯魚専門店へ足を運びました。
久しぶりの専門店は想像以上に楽しく、とても刺激的な時間を過ごすことができました。
私の好きなコリドラスやプレコがたくさんいて、どれを買おうか悩んでしまうほどでした。

結局悩んだ末に選んだのは、地震のときに全滅したプレコでした。
もう一度新たな環境で飼育に挑戦したいと思う個体を3匹購入しました。
1匹1万円を超える個体なので3匹買うのは勇気が入りましたが、せっかく遠方まで足を運んだので清水の舞台から飛び降りてみました。

家に帰ったら、さっそく水合わせです。
事前にきれいに整えてあった水槽に買ってきたプレコたちを入れます。
水合わせは、プレコたちが新しい環境に馴染めるようにするための大事な作業です。
地味な作業ですが、とても大事な作業です。

そういうわけで、また熱帯魚の飼育を始めることになり、それ以降毎日水槽のメンテナンスを欠かしたことはありません。
アクアリウムはとても楽しい上に癒やされるのでおすすめです。