飲食店出店前の失敗しない準備方法

飲食店店出前の失敗しない準備方法は多くの指南書に掲載されているので、何かしらご覧になったことがあるのではないかと思います。
それで、ここでは細かいところに注目して、一般的な既成事実はあまり解説しないでおきます。
もっと違う角度から飲食店開店前の準備に迫ってみたいと思います。

違う角度というのは、日本国が毎年度報告書を挙げる統計というドアから飲食店開店を解説してみようということです。
日本国が報告を挙げる統計データはさまざまな種類に及びます。
その一つが「男女別人口の計算表-総人口,日本人人口,外国人人口」です。
これに注目すると、飲食店開業前に失敗しない準備ができると思います。
飲食店を含めて、お店はお客様あっての存在です。
客が来なければいくらコスト削減を図ったとしても、収益がないわけですから儲かりません。
それで、人の流れに注目して「どこに」飲食店を出店するかを慎重に選ぶことが重要になってきます。
お客様の流れが血液で、その集合体が血管だとすれば、細い静脈沿いに出店するのではなく、どんどんお客様が流れてくる大動脈沿いに飲食店を構えればお店に流れてくる血液である客数は明確に増えます。

平成25年度の統計によると日本の総人口は127,297,686です。
このうち日本人の人口は125,704,434です。
ということはつまり外国人は1,593,252です。
日本人が海外で活躍しているというニュースを聞く一方で、国内には外国人の数は160万人ほどですが、こんなに多くの外国人はどこにいるでしょうか?
経営者であるあなたが外国人をよく見かけるスポットはありませんか?
駅やバス停などの交通網の大動脈の近く、食材や衣料などの生活用品を安く購入できるお店にも外国の方は来られます。
外国の方が一般化されている飲食店に安心して来店されることを考え合わせてみると、外国人の集まる公共交通機関の付近や価格帯の低い食材や衣料を入手できるお店の付近に日本でよく見かけるようなごく日本的なお店を構えるのは得策だと言えるでしょう。

人口比は地方自治体のホームページに掲載されているので、みなさんの地域のページをご覧になり立地条件の優先事項に含めてみることをおススメします。