コンサル能力とサポート体制をチェック

システム構築のためのコンサルティング

現行のレガシーシステムを最適なシステムに再構築するためには、現行の業務プロセスに隠れた問題の本質を探っていく必要があります。
マイグレーションサービスでは、これらの業務をコンサルティングと呼びます。
サービスのコンサル能力によって、新しいシステムが企業に最適なものになるかどうかが大きく変わってしまいますので、マイグレーションサービスを選ぶにあたって、コンサル能力が高いか否かは非常に重要な選定要素となるでしょう。

コンサルティングで行なうこと

新システム構築のための業務コンサルティングでは、大まかに以下のような手法を使って現行業務の分析を行なうことになります。

ビジネスモデリング

ビジネスモデリングとは、ビジネスのコンセプトとプロセスを図式などによって具体化すること。
情報システムはビジネスプロセスをサポートするのに欠かせない要素です。
ビジネスモデリングを行ない共有することで、情報システムの開発や運用が効率的に行なえるようになります。

業務プロセスの分析

レガシーマイグレーションの目的は、業務を改善することにもあります。
業務内容を見直すことによって、より改善された競争力のある業務プロセスを保てるシステムを新しく構築するためには、業務プロセスの分析を行なうことが必要になります。
現状の業務の流れ、情報の流れを分析して業務フローに書き出すことによって、業務のムダ、漏れ、不正確さなどの必然的に発生する問題点を明らかにしていきます。

ギャップ分析

課題解決を戦略的に考えるため「現状における課題認識」と「将来のあるべき姿」のギャップを分析し、あるべき姿に向けての解決策の方向性を検討します。
将来像を具体化することで、企業の将来へ向けての流れに沿った新システムの構築を可能にします。

サポート体制

マイグレーションサービスでは一般的に、システム移行後の保守サポートまでを提供してもらうことができますが、そのサポート体制がどのようなものかについてもよく注意してサービスを選択する必要があります。

これらのサポートは、コンサルティングや新システムの構築・開発、システム移行など、マイグレーションの重要な全てのプロセスにおいて行なわれます。
これらのプロセスにおいて、OSやミドルウェア、コンパイラ等の開発に携わっているなど、高い技術と知識で質の高いサポートを受けることができるかどうか、よく吟味しましょう。
プラットフォーム、言語、ミドルウェアにおいて、できるだけ幅広い技術基盤を備えていれば、充実したサポートを受けることができるでしょう。