マイグレーションサービスの内容

マイグレーションサービスとは

システムを長く使用していると、システムに関して以下のような問題が出てきます。

  • 現行業務はそのままで新システムに移行したい
  • ランニングコストを削減したい
  • リーズナブルかつスピーディ、高品質にシステム移行したい
  • 既存のシステム資産が把握できていない
  • 活用すべきシステムの仕様がわからない
  • 再構築まではできないので既存システムを再利用したい

これらの問題を解決するには、専用の技術や専門家の知識が必要になります。
マイグレーションサービスでは、マイグレーションに関する専用の技術や専門家の知識を持つ企業が、これらの問題を抱える企業に対して技術や知識を提供し、これらの問題を解決します。

マイグレーションサービスの流れ

現状把握

マイグレーションサービスではまず、現状の把握が行なわれます。
ライブラリや仕様書など、現在のメインフレーム資産を棚卸し、問題の本質を探っていきます。
ここで新システム構築のための業務コンサルティングが行なわれます。

資産分析

棚卸しした資産の利用状況(アプリケーションの稼働率)などを調査・分析し、マイグレーション対象となる資産を絞込み、確定させていきます。

計画策定

事前検証を実施し、移行の方式や計画を策定する段階です。
ここでは対象プログラムの一部に自動変換ツールを適用します。自動化できない作業工数などを見積り、作業全体のスケジュールを立案するのもこの段階です。

移行作業

計画に基づいてツールの仕様や個別開発により移行を実施します。
この後テストを行なって、本番移行への準備を進めていきます。

本番移行

各種のテストや運用管理体制の整備を経て構築・開発した新システムを稼働させます。

マイグレーションサービスの流れは現在も昔から基本的に変わってはいませんが、個々の段階で実施される作業の品質は高まってきていると言われています。

国内のレガシーマイグレーションサービスを提供する各社では、企業の事業環境やこれまでの事業の歴史を反映するデータ、言語のバージョンの違いなど、ケースによって異なる問題とその解決策を蓄積し、最適なサービスを提供できるよう品質向上に努めています。

CIJマイグレーションサービスは、リホスト、リライト、リプレースなど数種類の手法に対応し、ユーザー企業のIT資産を分析した上で最適なソリューションを提供する、自由度の高いマイグレーションサービスです。
多種多様なプラットフォーム、言語、ミドルウェアに対応しており、特異な言語についても安心して任せることができる技術で投資効果が高いオープン化を実現します。