マイグレーションをする理由と利点

マイグレーションをする理由

レガシーマイグレーションは多くの企業にとって避けて通ることのできない壁です。

市場のグローバル化とニーズの多様化は速度を増して進行しており、経営戦略を即座にビジネスで実行するための情報システムの構築が、企業の最重要課題のひとつとなっています。

メインフレームの保守・運用コストは市場競争力が働かず高止まりしている状態ですので、このようなTCOを削減し、新規開発などにIT投資を振り替えることで企業の競争力を強化する必要があるのです。

レガシーマイグレーションは、単なる情報システムの刷新ではなく、その真の目的は以下の3つに集約されると考えられています。

TCOの削減

TCOとはコンピュータシステムの導入、維持、管理などにかかる費用の総額をいいます。

従来コンピュータシステムのコストは製品価格=導入費用で評価されるのが一般的でしたが、近年はコンピュータシステムが複雑化し製品価格も下落したことから、コンピュータシステムの維持管理やアップグレード、ユーザの教育、システムダウンによる損失等、ランニングコストのほうが相対的に大きくなり、TCOが注目されることとなりました。

TCOを削減するには、導入費用よりも維持管理費(ランニングコスト)を抑えることが重要だと考えられるようになってきたのです。

マイグレーションはこのシステムにかかるランニングコストを抑えるために、よりコストや労力のかからないシステムに移行することを目的に行なわれることがあります。

付加価値業務への集中

システムを利用するには、本来の業務以外の業務(システムの運用や保守のための業務)が必要になります。

これに手がかかりすぎると本来の業務に加えて人材やコストを増やすか、本来の業務の人材やコストを減らす必要が出てくるということになります。

このようにシステムの運用や保守に振り回されないためには、実績のある安定したIT基盤を整備する必要があるのです。

システムの運用や保守の負担を少なく、本来の業務の価値を高め、企業価値そのものを高めることにもマイグレーションは役立つといえるでしょう。

ビジネス変化に素早く対応

市場は常に変動しており、先進技術も日々生み出されています。

企業活動におけるコンピューターの利活用が進めば、それに伴って変化への適応力が必要になります。

新しい分野への進出を計画しても、システム環境の整備が足枷となってタイミングを逸してしまうことも少なくありません。

多くの企業ではこうした課題の解決策としてマイグレーションを行ない、オープンな環境を整備し、経営判断を即座に反映できるシステムを構築することが大切だと考えられています。

これらの目的を達成するレガシーマイグレーションを行なうには、専門的な知識や精密な技術力が欠かせません。

レガシーシステムマイグレーションサービス|株式会社CIJは、これらの目的とメリットを考えるためのレガシーマイグレーションを実現できるサービスを提供しています。