マイグレーションでシステム移行を実現する

システム移行の必要性

システム移行とは、旧システムで利用していた資源を新しく構築し直したシステムで利用できるようにするための作業です。

システムの再構築が終わったら、実際に新しいシステムを利用することになりますが、新しいシステムを利用するためには、完全な新規の業務である場合を除いては、それまで利用していたシステムから移行作業を行なうことが必要になります。

新しく構築されたシステムの品質が高くても、実際に利用できなければ意味がありません。

システムの再構築において移行作業は非常に重要なものです。

予定通りに新しいシステムを利用できるようにするためには、移行作業が適正に行なわれなければなりませんし、大抵の場合旧システムは新システムへの切り替えの直前まで利用されていますので、作業のタイミングや作業時間等も考慮する必要があります。

この重要かつ適正な処置が必要なシステム移行には技術や専門的な知識、綿密な計画が欠かせません。

移行する内容

システム移行で移行する資源には、データやプログラム等のソフトウェア資源の他に、端末や回線等のハードウェア資源があります。
移行すべき資源の範囲を明確にし、それぞれの特性に応じた適切な移行手段を検討する必要があるでしょう。

移行するべきソフトウェア資源の中で最も重要なものは「データ」です。

システム固有の資源であり、過去から蓄積された内容も多いデータは、新システムのソフトウェア構成によってはデータ変換が必要な場合もあります。

マイグレーションでシステム移行

システム変更には、SEの教育費用や期間も必要になるだけでなく、新システム導入のコストなども必要になります。

スムーズに移行できるかどうかのリスクも心配なところです。

そこで注目されているのが「マイグレーション」

マイグレーションは、旧世代の大型汎用システム(レガシーシステム)の機能を、そのまま新システムに置き換えることのできるソリューションです。
マイグレーションを行なえば移行時のコストを大幅に抑え、旧システムの資産をほぼそのまま活用することが可能になります。